あしたのあしたの。

子供がいると家庭がパッと明るくなりますよね。思い通りにいかないことや大変なことも多いけど、この先どんなことがあっても子供との日々を忘れたくないものです。そんな気持ちで始めたブログ。

3歳までに虫歯菌に感染しないようにすると、虫歯になりにくい?

6月12日放送のTBS『この差って何ですか?』で、虫歯になりやすい人となりにくい人の差の説明をしていました。

 

その差のひとつに、

『3歳までに家族から虫歯菌がうつったかどうか』

というのがありました。

 

虫歯菌は、親とか、周りの人からうつるもの。

3歳まで(乳歯が出来上がるまで)の時期は口の中の常在菌が整わず、最も虫歯菌に感染しやすい時期だそうです。

なのでこの時期に、親が自分の使ったお箸で食べさせたり、コップを共有したり、食べ残しをあげたりすると虫歯菌が子供にうつっちゃうんですね。

 

うちは、息子が生まれた時にこの情報を知っていたので、虫歯菌がうつらないように注意していました。

 

人が口をつけたお箸やスプーンで食べさせませんでしたし、コップも別。食べかけのものをあげたりせず、あげるにしても口をつけていないところにするとか、気をつけていました。

もちろん親だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんにも指導していました。(特におばあちゃん)

 

幼稚園も、自分のコップを使っていましたし、お弁当もあげたりもらったりしていないはずです。

 

 

息子はもう小学5年生。

2015年度、小学生で虫歯になったことがある子の割合は、50%を超えるそうです。

親も歯磨きに介入しなくなる、自宅やお友達の家でダラダラお菓子を食べる、歯の生え変わりの時期でもあるので磨き残しもできる、そんな理由で多いんでしょうか。

そういう私も、小学生の時に虫歯の治療をしていました。

 

さて、虫歯菌に感染しないように注意してきた息子ですが、この間、歯科検診の結果の用紙が届き、虫歯はゼロでした。毎年ゼロです。

 

今の所です。

感染しないように注意してたとはいえ、虫歯に一生かからないわけではありません。

なので過信は出来ないのですが、私から見ると、やっぱり虫歯になりにくいのかなという印象です。

 

小学生に上がってから(特に3年生くらいから)ほとんど仕上げ磨きはしていません。

磨くのも毎日寝る前の一度きりです。

しかも、ながら磨き・・・。

f:id:hanatin2:20160617172351g:plain

ちゃんと磨けているのか疑問です。(あ、髪をやっと切りました笑)

最近、旦那の勧めでY字型フロスもたまにしているようですが、ちょっといい加減とも思えるような磨き方でも虫歯になりにくいとなると羨ましい限りです。

親としては努力した甲斐がありました。

 

※※※

 

さて、6歳差の娘ですが・・・

実は虫歯菌に感染させないようにしてきませんでした。

その理由と結果については、また次回書かせてもらいますね。