あしたのあしたの。

子供がいると家庭がパッと明るくなりますよね。思い通りにいかないことや大変なことも多いけど、この先どんなことがあっても子供との日々を忘れたくないものです。そんな気持ちで始めたブログ。

パパの一緒に寝よう攻撃を華麗にかわす4歳児。

f:id:hanatin2:20160520013900g:plain

 

パパ「明日じゃなくて、今日一緒に寝よう」

さよ「でもごめんな。今日はママと寝るからパパと寝られへんねん」

 

 

さよは気が乗らないことを言うとなんでも、「明日な」とかわしてくるよ。

でもすっごく申し訳なさそうに言って、ちゃんとパパを気遣ってる(笑)

 

 

「明日な」は、私がよく使っていた手法だ。

りょう、さよが2、3歳の時は、スーパーで欲しい欲しいと言ってきたお菓子やおもちゃを「明日買ってあげるね」と言ってその場をしのぐ。

翌日になれば大抵忘れているから買わなくて済むんだけど、覚えていてまだ欲しがるようなら、よっぽど欲しいものなんだなと思って検討していた。

 

りょうの時は、物欲があまりないもんだから買わずにすむことが多かった。(というか、買ってと欲しがること自体が少なかった)

 

さよの場合、お目当てのお菓子は翌日もしっかり覚えていて、結局買わされる羽目になる。

そして、そんな母の手法を自分のものにして、周りに使っているのだ。

 

 

さて、「明日な」と言ったからには次の日はパパと一緒に寝るんだよね?

母超期待。

母は子供たちが寝てから自分の好きなことをやりたい。

でも寝かしつけという罠にいつもはまって、さよより先に寝てしまったりと悔しい思いをしている。

もうしょっちゅう!

 

 

 

そして、明日になったから一緒に寝ようと言ってきたパパにさよは言った。

 

「また明日な。」